FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

笑顔がはじけます!
歳を忘れて皆サンタ


  皆、年齢を超えて?サンタになります。

  笑顔がはじけるクリスマス会。楽しい時間は過ぎていきます。



呑兵衛サンタは皆ごきげん

 呑兵衛サンタもご機嫌です。


美味しそうなウツボのから揚げ!
皆に大好評のシフォンケーキ


  ウツボのから揚げと付け合せのブロッコリーに手作りデザートのシフォンケーキ、このケーキは毎年定番の、人気メユーです。

  まだまだ写しきれなかったお料理がありました。

  今年の練習はあと2回ありますが、年が明ければ6月30日のコンサートへ向けて、本格的にエンジンがかかります。
  昨晩はエンジョイステージでの振付?の練習も進みましたよ。

  皆で力を合わせて素敵なステージを作りましょうね!!






スポンサーサイト

練習はもちろん!


  12月に入り、昨晩、昨年よりは1週間ほど早い合唱団プラチナ2000の、大人のクリスマス会が催されました。

  もちろん!その前には2時間きちんと練習をするのよ。
 写真は男声のみのアカペラの練習です。この時は一人、まだ来ていませんでしたが、総勢6名で4部で歌えるなんて、ほぼソリストと しても通用する?!



私の自信作!


 ノンアルコールの飲み物や、市販のおつまみになるようなものは係りの方々が、会費500円でまかなってくれます。

 あとは、各自手料理や、お店で買ってきたものを持ち寄りです。

 おにぎりや、一人用に分けて容器に入れてくれたあったお赤飯。
 手作りシフォンケーキやヨーグルトプリン、パウンドケーキなどのデザートを作ってきてくれた団員もいます。

 私は?と言えば、細かく刻んだロースハムが入っているポテトサラダをリースのように輪の形に作り、カリフラワー、ヒイラギに見立てた絹サヤ、プチトマト、チーズを星形にくり抜いたものをトッピングした、リースケーキならぬリースポテトサラダです。



市販のおつまみも豊富
レンコンとお豆のサラダ、卵焼き


  まだまだ美味しいものあります!





ガーデンシクラメン
ポインセチアもいろんな種類があります


  クリスマス、そして新年を控えて、花苗のお店は色とりどりのお花があふれています。

  クリスマスにはポインセチア、冬を代表するお花シクラメン、写真には写っていませんがお正月を一番感じる葉牡丹、などなど
 ここに来れば冬枯れ、なんて色のない世界とは無縁の賑やかさ。

  赤、ピンク、オレンジに、黄色、紫、そして白、葉っぱの緑も綺麗です。



白を基調としたものも素敵
グリコオバサンになる?!


  白を基調とした清楚でゴージャスなハンギングの数々。

  その中で、思わずオバサン、嬉しくなって道頓堀のグリコのポーズをとってしましました!





床の間側から見た和室の4枚
居間側から見た和室への4枚と仏間への2枚


  完成品からお見せしますね。

  昨日、暖かい気候に助けられました。
 従弟に手伝ってもらって、障子8枚の張り替えをしました!

  以前、プロに張り替えてもらってから20年近く過ぎているかも!です。
 もちろん、部分的に破れたところや、1段だけ、2段だけと張り替えたことは何度かありますが、昨日のように一気に8枚
 も貼り替えたことは初めてです。しかも、一部だけですが障子張りに参加したことも初めてなのです。


  私の仕事は、張り替えに必要な障子紙、糊、刷毛、カッターナイフ、定規などなどを事前に準備し、腕が痛くなる程霧吹きをして
 古い障子紙をはがしておくことです。これがなかなか難しく、綺麗にはがれない所もあります。なるべく丁寧に、と思いましたが、
 当日は、「マ、イイか。」なんて箇所も…。

  玄関の2枚の障子は骨、だけになっています。


骨だけになった?!玄関への2枚


  貼るのは従弟


  障子の張り替えを一手にになってくれたのは従弟です。
  
  私は桟に糊を置いておく係りを、これもまた、初めていたしました。
 60歳すぎの手習い?! これも、何枚か繰り返していくとだんだん上手くなっていくのです。
 修業いたしました。

  

貼った後、霧吹きをするのは私の仕事


  張った後は、前面に霧吹きをして乾くまで待ちます。
 これも私の係りです。

  障子を張っていくのは、何度か経験して慣れていくのでしょう。

  従弟も家の障子を昨年、新築して以来15年ぶりに張り替えた、と言っていました。我が家のも、だんだんコツを思い出してきた、と言っていましたから経験を積むことが大切なようです。

  私が一人でするとなったら、1年に2枚が限度のような気がします。
 来年は、和室と廊下の境目に入っている4枚の内の2枚をやってみますか!
  障子紙も糊も残っていますから。
  
  張り終えて、霧吹きも乾いた障子を元の場所に戻すと、障子紙はパ~ンと張っていて白が眩しい!

  一気に部屋が明るくなった気がしました。

  年末への、大きなお仕事が一つ終わり、ホッとしました。
 まだまだやることが一杯。小さいことから毎日やっていけば、年末に疲れなくってすみそうです。



  

壁にかかっているクリスマスツリー


  クリスマスまでひと月を切りました。

  我が家のクリスマスツリーをいくつか紹介します。

  これは今をさかのぼること30年以上前のものです。クリスマスツリーが印刷された布に、オーナメントがいろいろ飾られています。
 これ、安全ピンで止めてあるのです。

  この壁掛けには仕掛けがあって、それはまた近々載せますね。


我が家で一番小さなツリー
マクラメのツリー&サンタクロース


  本棚に置いてある、一番小さなクリスマスツリーです。
 10cmほどの高さのツリーです。

  サンタクロースとツリーの壁にかかっているのはマクラメ制です。
 手先の器用な、手芸が大好きな母の姉が生前編んでプレゼントしてくれました。

  これらはレッスン室に飾ってありますが、他にもいろいろクリスマスグッズがあります。

  部屋がクリスマスに向かって次第ににぎやかになっていくのは、大人になってもワクワクします。





platinum2000

Author:platinum2000
FC2ブログへようこそ!