2018 / 05
≪ 2018 / 04 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2018 / 06 ≫

お豆さんが好きッ!


  お豆さんが好きッ!

  大豆はもちろんの事、絹サヤ、スナップエンドウ、ソラマメに花豆、レンズマメ、ひよこ豆に実エンドウ。
 この日は実エンドウを見つけたので買い求めました。

  一つのさやに3~4個入っています。


この中にいっぱい入ってるよ
残骸?!


  実を取り出した後の残骸?
 このグリーンピースを使って豆ご飯を炊きます。
 この季節には1度は食べたい豆ご飯です。

  楽しみ、たのしみ!




スポンサーサイト

可愛いニャンコの木のバック


  三重県南部、尾鷲市のヒノキを使った製品を作っている工房が、このGWにおかげ横丁にお店を出していました。

  この、満面笑みのニャンコは、ナント! ヒノキで出来たバックです。
  まん丸ニャンコ、まどかですねェ~

  このバックには仕掛けがあるの。
  それは、ネッ!




仕掛けがあるのよ、このバック


  後ろの一部はねずみの形にくり抜かれているのですが…

  これ、打楽器になるのです。
  くり抜いてあるので響くのですね。楽器の名前を忘れてしまってゴメンナサイ、なのですが、いい音が出てました。

  もちろん!バックとしての役割もきちんと果たしますよ。
 九州から来ていた方が購入されていました。


これも楽器なの


  キットがきちんとあって、亀の形に組み立て弦を通して止めます。
 これは「カリンバ」という楽器です。リズム楽器として使います。親指で音を出しますよ。

  私が作ったのは、10cm×10cmくらいのほんの小型のカリンバです。
 小さいけれど、雰囲気は楽しめます。



  
  

緑がいっぱい


  こどもの日の今日、伊勢神宮内宮前にひろがる御はらい町のおかげ横丁に買い物があって出かけました。

  今日は、「風薫る」 「薫風」「五月晴れ」と言った言葉がピッタリあてはまるような天候&陽気です。

  雲一つなく、周辺の新緑が一段と緑色を輝かせ、これ以上の新緑はありません ! と言わんばかりの美しさです。




五十鈴川みず清く


  朝9時半過ぎにつきましたが、この時間ですでに、私の想像を遥かに超える多くの人出で、狭い通路ですと思うようにも歩けま  せん。どこからこんな人が、って感じの多さでした。

  五十鈴川の水はあくまでも澄んで美しく、川辺に吹く心地よい風を楽しんでいる人も何人かいらしゃいました。
水遊びをしている人も?

  気持ちの良い子供の日、ですが紫外線はビシバシ、強烈で、サングラスをかけていないと眼が疲れてしまいそうでした。

  GWもあと一日。私は用を済ませ、素早く ? 岐路につきました。

  みなさんもGW、楽しまれましたか?








枝豆と菜花


  会員になっているジムでアクアビクスのレッスンを受け、シャワーを使ったあとメールをチェックすると、午後3時からの超早い?
 夕食、または超遅い昼食会のお誘いの連絡が入っていました。

  30分遅れでの参加の連絡を入れ、Mさん宅を訪問。
 到着した時には当然ながらお食事会は始まっており、特設デッキで頂くことになりました。

  M邸は玄関側は 合歓の郷へ行く道路に面していますが、北側は緑の谷が目の前にあり、今は新緑の中で本当に森林浴をしなが らのお食事会になっていました。



残り少ない?ローストビーフ
宇都宮餃子と自家製レタス


  私を含め、女5人の女子会です。
 家庭菜園で収穫した菜の花のお浸しや、宇都宮餃子、ローストビーフサラダなどに使われている玉ねぎやレタスは新鮮!

  残り少なく?なったローストビーフも宇都宮餃子も美味しくいただきました。



食べかけ鯵の塩焼き
ポテトサラダ


  地元で水揚げされた鯵の塩焼きも美味しかったァ~
  もちろん!ポテトサラダもです。

  普段から外でお食事をとるときは、自然に帰るし肥料になるからと、枝豆目などの皮はポイッ!と谷の方へ、というか林の方へ投  げているそうです。皆も真似て、ポイ、ポイ!と投げます。(笑)
  
  鶯の鳴き声だけしか聞こえないほど静かな、自然いっぱいの中でのお食事は栄養いっぱいです。

  もちろん!夕暮れからの1時間半ほどの散歩によって、お腹いっぱいを解消いたしましたよ。
 すっかり日が暮れてからの、デザート、お抹茶と和菓子が待っていましたからね。




トルコのガラスの器 ピンク


  約1年ぶりに、縄文文字で書かれた文献の勉強会に参加しました。
 会場は、メロンで有名な南張にお住いの、陶芸家E宅でした。

  約2時間の会の途中でのティータイムに出してもらったローズヒップティーは、御主人がトルコで購入されたという
 とってもきれいなお花が描かれた耐熱ガラスの器でいただきました。

  色違いのブルー系の柄もとっても素敵でした。
 お茶は、器でも味が違ってくる?!









トルコのガラスの器 ブルー

platinum2000

Author:platinum2000
FC2ブログへようこそ!